塩ビ防水シート

塩ビ防水シート(集合住宅向け)

 

シート防水とは・・・・
塩化ビニル樹脂で作られたシートを専用接着剤や鋼板を使用して漏水を防ぐ工事です。

耐久性は???
→A.塩ビシートは工場にて生産された材料を貼るので、塗膜防水のような塗膜厚の不安定がなく常に均一な厚みで仕上げられるため安定した工事が可能となります
材料保証も10年間メンテナンスフリー(定期点検あり&無償)にて受けられますのでランニングコストは抑えられます。

歩行はできる???(バルコニーなど)
→A.勿論可能です!!
バルコニーなどの、日常歩行は問題ありません。

メリット

1 塩ビシートを上から施工して性能を発揮する工事のため既存の防水層の種類を問わず前にシート防水以外の工事を行った箇所にも施工が可能。
2 耐久年数に優れています。 熱や紫外線に強く、高耐久シートにて施工すれば最大15年程度の保証が受けられます。
(建物状況などにより変動しますので、お見積り算出後にご検討下さい)                    
3 塩ビ防水シート材が既成品で厚さが一定なので職人の技量によるムラがなく効率良く安定した綺麗な仕上がりが可能です。

デメリット

1 複雑な形状に不向き 凸凹な形状の架台などがあるとシートを覆うことが困難でシートの隙間などから施工後に漏水する可能性があるからです。複雑な形状や狭い場所にはウレタン防水など塗膜防水が適しています。 
2 工事中の騒音が発生してしまいます。 改修工事などの場合「機械式固定工法」で施工する事が一般的で、塩ビシートを溶着するために、塩ビ金物を下地に固定する必要がありその際に専用ドリル使用の際に騒音がでてしまいます。
その為工事着工前に入居者様・ご近所へのご説明を兼ねた挨拶が必須となります。(弊社対応)何もせずに工事を始めてしまうとトラブルの原因となります。スムーズに気持ちよく工事をするためにも一番重要な事です。                  

施工手法名

接着工法 下地と塩ビシート裏面に接着剤を塗布し貼付ける工法。下地に直接貼付けるため下地の影響を受けやすい。一般的には、木造戸建て、アパート、マンションの新築工事によく用いられる工法です。
機械式固定工法 下地に緩衝材を敷き(絶縁材)鋼板・ビス等により防水層を機械的にする工法。下地の影響を受けずらく既存防水層の湿気や地震などによる建物の動きにも適応性に優れている。最近ではアパート・マンション・公共施設などの改修工事によく用いられる工法です。「既存防水として、アスファルト防水・ウレタン防水・シート防水の改修として広く使用されています」
主要メーカー アーキヤマデ・田島ルーフィング・ロンシール工業など・・

集合住宅の施工目安

工事面積 平場200㎡~300㎡
工事期間 約2週間程度
予算 150万円~300万円程 ※「建物状況などにより変動」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、製作中です。

 

現在、製作中です。